KUBOTAX BLOG 京都の税理士法人 久保田会計事務所

お問い合わせはこちら

  1. 京都の税理士法人 久保田会計事務所
  2. KUBOTAX BLOG
  3. 平成31年度税制改正要望が公表されています

(2018年9月12日 00:00)

平成31年度税制改正要望が公表されています

相続支援事業部

こんにちは、相続支援事業部です。

平成31年度税制改正要望が各省庁から公表されています。

相続に関連する項目をピックアップしてみます。

 

(相続した株式の譲渡における相続税(株式分)の取扱いに関する見直し)

現状、相続人が相続した上場株式等を売却する場合、

その売却が相続税の申告期限から3年以内の場合には

その売却した株式等にかかった相続税額を取得価額に加算することができます。

いわゆる取得費加算という特例にあたります。

 

この特例により3年以内に株式等を譲渡することを助長しているとの指摘があり

長期的な株式保有を促すためにこの特例を見直す要望となっています。

 

この要望の効果として、相続により取得した上場株式等を3年以内に売却する

インセンティブが排除されることで、国民の資産選択にゆがみを与えない環境が

整備されることを見込んでいます。

 

(教育資金一括贈与にかかる贈与税の非課税措置の恒久化及び拡充)

教育資金一括贈与にかかる贈与税の非課税措置は、

現状では平成31年3月31日までの時限的な特例措置でした。

 

祖父母などから孫へ教育資金を事前に一括して贈与でき

相続財産と切り離せることから非常に活用されています。

 

期限が定められていましたが、恒久化措置として据え置き

制度の活用を一層促そうという意図となっています。

 

また、実務的には金融機関への領収書等の提出や

金融機関側での保管の手続きが煩雑となっているため

より利用しやすい制度としての手続きの簡素化も要望項目となっています。

 

(個人事業者の事業用資産に係る事業承継時の負担軽減措置の創設)

平成30年度税制改正において非上場株式等についての相続税・贈与税の

納税猶予及び免除制度の適用要件が緩和されています。

 

一方の個人事業者については、事業用の宅地について特例措置

(小規模宅地の特例における特定事業用宅地)がありますが、

先代から後継者へのその他の事業用資産(建物や機械設備等)の承継について

円滑に進めるための措置を創設するための要望となっています。

 

この措置の創設により、円滑な世代交代と税負担による

個人事業主の廃業等を防ぐ効果を見込んでいます。

 

その他にも、上場株式等の財産評価の見直しや生命保険金の非課税範囲の拡充など

相続税・贈与税に関する要望のほか、

法人税、所得税などの改正要望も出そろっています。

この中から各項目を検討ののち、税制改正大綱にまとめられていく流れとなります。

年末に向けて今後の動きにも注意が必要です。

 

相続税対策・相続税申告のご相談は久保田会計事務所まで


久保田会計事務所 トップページへ
  • ホームページから24時間受付のお問い合わせはこちら
  • 電話から 075-222-1234(代) 平日9:00~17:30(土日祝・年末年始はお休み)

久保田会計事務所は京都で活躍する税理士・会計事務所です。

<営業エリア>
[京都市内]
右京区/上京区/北区/左京区/下京区/中京区/西京区/東山区/伏見区/南区/山科区

[京都市外]
宮津市/京丹後市/与謝郡/伊根町/与謝野町/福知山市/舞鶴市/綾部市/亀岡市/南丹市/船井郡/京丹波町/向日市/長岡京市/乙訓郡/大山崎町/宇治市/城陽市/八幡市/京田辺市/久世郡/久御山町/綴喜郡/井手町/宇治田原町/木津川市/相楽郡/笠置町/和束町/精華町/南山城村

その他の地域でも対応可能な場合がございますので、お気軽にご相談ください。

  • 税理士法人 久保田会計事務
  • 経営を応援するメールマガジン

月別 アーカイブ