• 頼れる税理士をお探しの方へ
  • 起業・創業をお考えの方
  • 相続でお悩みの方へ

経営コンサルティング・事業承継

  • 経営コンサルティング・事業承継トップ
  • 経営コンサルティングのメリット
  • 経営コンサルタントの選び方
  • 目標達成型MAS監査
  • 経営改善計画策定支援事業
  • 事業承継支援サービス

事業承継支援サービス

親族外承継~従業員へ事業を引き継ぎたい方

誰にどのように引き継ぐかを考える

親族外承継は後継者候補を幅広く選択できる、また社内の既存役員等であれば経営の一体化を保てるというメリットがあります。しかしながら、会社株式の買取資金を後継者が用意できないといった問題も起こりえます。

事例紹介

概要

現社長は68歳、事業を継がせる子息・子女はおらず、後継者候補者は親族関係のない常務(48)が適任であると考えている。しかし、後継候補の常務に株式を買い取るだけの資金がない。

その他

長年の好業績が寄与し、株式の評価額が高騰している。

対策

会社の普通株式を一部種類株式化することで
財産権と経営権のバランスを維持

ご親族へ引き継ぎたい方

詳しくはこちら

会社を売却したい方

詳しくはこちら

ご親族以外へ引き継ぎたい方

詳しくはこちら

リタイアをお考えの方

詳しくはこちら

お気軽にお問い合わせください。

  • ホームページから24時間受付のお問い合わせはこちら
  • 電話から 075-222-1234(代) 平日9:00~17:30(土日祝・年末年始はお休み)

当事務所の業務案内

  • 業務案内トップ
  • 経営コンサルティング・事業承継
  • 経営コンサルティングのメリット
  • 経営コンサルタントの選び方
  • 目標達成型MAS監査
  • 経営改善計画策定支援事業
  • 事業承継支援サービス
  • ご親族へ引き継ぎたい方
  • ご親族以外へ引き継ぎたい方
  • 会社を売却したい方
  • リタイアをお考えの方
  • もめない相続対策と申告手続き
  • 事例紹介
  • 申告の流れ
  • よくあるご質問
  • 会計・税務申告業務
  • 税務調査・各種書類作成業務など