• 頼れる税理士をお探しの方へ
  • 起業・創業をお考えの方
  • 相続でお悩みの方へ

事務所概要

ごあいさつ

代表 久保田 博之

代表 久保田博之

バブル崩壊からスタートした平成の時代、リーマンショックも乗り越え、若干景気回復気味の状況の中で新しい時代を迎えます。次の時代はどんな事がおこるのでしょうか。30年後を想像するだけでワクワクします。
さて、2018年は災害の多い年でした。洪水、台風、地震と、今までの想定を大きく超える被害がでています。そんな中、十分な危機管理を実施し、被害を最小限に食い止められた企業もあれば、対応が後手に回ったばかりに倒産の危機に喘がれている企業もでています。
自然災害の影響は、間接的に経済的な被害にも及んできます。関西国際空港の閉鎖時には、京都に来られる外国人観光客が激減しました。観光地を始め、飲食店、物販店の売上は大きく下がりました。また、建設業においても人手不足から、受注できても実際に現場で工事をする事ができず、結果的に売上を下げている企業が多くみられます。
日本は災害の多い国です。今後も危機管理には細心の注意を払っていく必要があります。今年の災害に対する対応の善し悪しを今一度検証しておかれる事をお勧めします。台風ひとつとっても、きっちり対応出来た点やもう少し改善しておいた方が良かった点などがあると思います。
どんな災害が何時おこるかを予想することは困難ですが、どんな危機対応をとるか、事前のシミュレーションをしておくことは可能です。人命第一は当然ですが、企業の継続のための数値計画シミュレーションも重要です。仮に、売上が3割下がった場合、何ヶ月で運転資金が枯渇するのか、老朽化した設備が被害に遭った場合、どのような影響がでるのか、確認しておいて頂くと安心です。
当所では20年以上、数値計画の作成のお手伝いをさせて頂いています。是非、一度ご相談頂きますようお願い申し上げます。

無料メールマガジン「KUBOTAXマガジン」

  • 経営理念
  • 事務所案内
  • 税理士の紹介
  • 報酬の考え方
  • 交通の案内

お気軽にお問い合わせください。

  • ホームページから24時間受付のお問い合わせはこちら
  • 電話から 075-222-1234(代) 平日9:00~17:30(土日祝・年末年始はお休み)

事務所概要

  • 事務所概要トップ
  • 経営理念
  • 事務所案内
  • 税理士の紹介
  • 事業部案内
  • 報酬の考え方
  • 交通の案内