• 頼れる税理士をお探しの方へ
  • 起業・創業をお考えの方
  • 相続でお悩みの方へ
  1. 京都の税理士法人久保田会計事務所
  2. 採用情報 - 会計事務所へ就職・転職をお考えの皆様へ -

採用情報

会計事務所への就職・転職をお考えの皆様へ

会計事務所へ就職・転職をお考えの皆様へ

会計事務所は労働集約産業の典型です。すなわち「人」がすべてだと考えています。

しかし、税理士事務所、会計事務所で働く人の定着率は、あまり高くありません。

会計事務所側と働いてくれる人側、双方に課題があるのだとは思いますが、一番大きな問題は、お互いのビジョンのミスマッチングにあると思います。

就職してみたら描いていた思いと違って…なんてことにならないように。

このページは、会計事務所業界で多くの優秀な人材が活躍されることを願って、会計事務所業界への就職や転職を検討されている皆様に、業界の情報と当事務所の考え方をお伝えすることを目的としています。

情報の中には、私見が含まれております。あくまでも情報のひとつとしてご一読いただき、会計事務所への応募や選考の一助になれば幸いです。

会計事務所ってどんな仕事?

会社の経営には、経理が必要です。経理を正確に行うことで経営の状態がタイムリーに把握できます。
また、税金を正しく申告するためにも経理は不可欠です。

この会社の経理・税務をサポートするのが会計事務所の主な業務です。

会計事務所では、経理そのものを代行するスタイルと、企業が行った経理が適正に行われているか監査するスタイルがあります。

どちらかに重きを置いている事務所、また、両方混在している事務所が存在します。

経理代行型の事務所を選ぶか、監査中心の事務所を選ぶかで仕事の内容が大きく変わります。
監査中心の事務所の場合、「会社の経理担当者の育成」、「その後の経理・税務の監査」が中心となります。

また、どちらの場合も、会計期間終了後の決算業務・申告書作成業務があります。

当事務所では、正直なところ、経理代行も行っておりますが、会社自らが経理を行うことを推奨しております。

出来る限り経理を自社で行っていただき、その後、適正な監査を実施し、出来上がった会計書類をもとに、会社の経営状態の把握をしていただくことに重点をおいて日々業務にあたっているところです。

個人向けの仕事

会社向け以外の個人のお仕事としては、主に所得税申告と相続税の相談、申告業務があります。

所得税は、個人で事業を行っている方をはじめ、不動産や、保険などの収入があった場合、または、医療費控除など各種控除を受ける場合に申告の必要があります。

相続税は、お亡くなりになった場合、また、生前の贈与、相続税の軽減を図る対策等さまざまな仕事があります。企業を経営されている社長様、そのご家族様にとっては、相続税は切っても切り離せない問題でもあります。この相続税のお仕事は、会計事務所によっては質、量ともにバラつきがあります。

また、どちらの場合も、会計期間終了後の決算業務・申告書作成業務があります。

当事務所では、法人経営者様、資産家の方を中心に、相続税対策に力点を置いて取り組んでいます。

また、平成27年からの増税に伴う対策、事業承継に伴う相続・贈与についても積極的に対応しています。

会計事務所の業界動向

税理士制度が制定されて70余年、会計事務所業界も成熟期に入りました。日本における企業数も減少するなか、競争も激しく安定的にお客様が増えていくという時代ではありません。

その意味では、お客様の満足を勝ち取れる高品質なサービスが必要な時代が来ています。

売上が伸びないと企業の発展・存続は難くなります。会計事務所ももちろん例外ではありません。成熟産業では、売り上げが拡大する企業と、衰退する企業が顕著になります。これも会計事務所も同じです。

会計事務所が、先生稼業だという時代は終わったと思います。当事務所ではサービス業だと考えております。厳しい会計業界ではありますが、逆に考えれば、競合する他の事務所との違いを打ち出し、高品質なサービスを提供すれば、まだまだ成長が見込める業種だといえます。

またここ数年、差別化の経営戦略が成果を出してきております。詳しい内容は、後述致します。

会計事務所の差別化戦略

前述の通り、会計事務所業界は成熟期に入りました。そこで必要になるのが「特徴のある事務所」になることです。

巷には、低価格タイプ、専門特化タイプ、多業種融合タイプ、高付加価値タイプなど様々な戦略を掲げる会計事務所が増えてきました。

低価格タイプ インターネットマーケティングを中心に、文字通り低料金設定で競争に打ち勝とうという事務所
専門特化タイプ 相続税や国際税務など税目で特化するタイプや、歯科、医業、飲食など業種で特化する事務所
他業種融合タイプ 弁護士、司法書士など他士業と連携していわゆるワンストップを実現するタイプ、建築業等と連携して取り組む事務所など
高付加価値タイプ 会計事務所の本来業務である会計、税務を会社自らが申告のためではなく経営のために活用できるように経営のアドバイスをするような戦略をもつタイプ

当事務所では、高付加価値タイプを目指し戦略を考えています。

お客様の発展のために、経営そのものを良くするツールであるはずの「会計」を重視しています。具体的には「経営支援型会計事務所」として、月次のご訪問、決算のご報告等を組み立てています。

会社を黒字化する!経営を良くする!こんなやりがいのある仕事はないと実感しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

  • ホームページから24時間受付のお問い合わせはこちら
  • 電話から 075-222-1234(代) 平日9:00~17:30(土日祝・年末年始はお休み)