KUBOTAX BLOG 京都の税理士法人 久保田会計事務所

お問い合わせはこちら

  1. 京都の税理士法人 久保田会計事務所
  2. KUBOTAX BLOG
  3. 国税庁による評価方法の定めのない財産の評価の質疑応答事例の追加

(2017年3月 8日 00:00)

国税庁による評価方法の定めのない財産の評価の質疑応答事例の追加

相続支援事業部

こんにちは、相続支援事業部です。

国税庁は、HPの質疑応答事例で財産評価について

2つの事例が追加されたようです。

京都の地域では関係があるケースが多いので紹介させていただきます。

 

(景観重要建造物である家屋及びその敷地の評価)

景観法に基づき景観重要建造物に指定された建造物である家屋及び

その敷地の用に供されている宅地の評価方法です。

景観法に基づき景観重要建造物に指定された家屋及び

その敷地の用に供されている宅地については、

財産評価基本通達5(評価方法の定めのない財産の評価)の定めに基づき、

同通達24-8及び89-2に定める伝統的建造物である家屋及び

その敷地の用に供されている宅地の評価方法に準じて、

それが景観重要建造物である家屋及び

その敷地の用に供されている宅地でないものとした場合の価額から、

その価額に100分の30を乗じて計算した価額を控除した金額によって評価します。

 

(歴史的風致形成建造物である家屋及びその敷地の評価)

市町村長が、地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律

(「歴史まちづくり法」)に基づき歴史的風致形成建造物に指定した

建造物である家屋及びその敷地の用に供されている宅地の評価方法です。

歴史まちづくり法に基づき歴史的風致形成建造物に指定された家屋及び

その敷地の用に供されている宅地については、

財産評価基本通達5(評価方法の定めのない財産の評価)の定めに基づき、

同通達24-8及び89-2に定める登録有形文化財である家屋及び

その敷地の用に供されている宅地の評価方法に準じて、

それが歴史的風致形成建造物である家屋及び

その敷地の用に供されている宅地でないものとした場合の価額から

その価額に100分の30を乗じて計算した価額を

控除した金額によって評価します。

 

(効果)

こういった指定を受けると、改装・修理等に規制がされますが、

その費用に対して補助金の制度もあったり、

また上記のように相続税等の場合の評価では、通常の評価の70%になるようです。

 

今後も、こういった情報に関しても、随時ブログでお知らせしていきたいと思います。

 

相続税申告・対策のご相談は久保田会計事務所まで


久保田会計事務所 トップページへ
  • ホームページから24時間受付のお問い合わせはこちら
  • 電話から 075-222-1234(代) 平日9:00~17:30(土日祝・年末年始はお休み)

久保田会計事務所は京都で活躍する税理士・会計事務所です。

<営業エリア>
[京都市内]
右京区/上京区/北区/左京区/下京区/中京区/西京区/東山区/伏見区/南区/山科区

[京都市外]
宮津市/京丹後市/与謝郡/伊根町/与謝野町/福知山市/舞鶴市/綾部市/亀岡市/南丹市/船井郡/京丹波町/向日市/長岡京市/乙訓郡/大山崎町/宇治市/城陽市/八幡市/京田辺市/久世郡/久御山町/綴喜郡/井手町/宇治田原町/木津川市/相楽郡/笠置町/和束町/精華町/南山城村

その他の地域でも対応可能な場合がございますので、お気軽にご相談ください。

  • 税理士法人 久保田会計事務
  • 経営を応援するメールマガジン

月別 アーカイブ