KUBOTAX BLOG

KUBOTAX BLOG

相続支援事業部のブログ記事

利用価値が著しく低下している宅地の評価方法

相続支援事業部

【評価方法の概要】

評価しようとする宅地が付近にある他の宅地の利用状況と比較して、

著しく利用価値が低下していると認められる場合、

その宅地の評価にあたっては、利用価値が低下していないものとして評価した価額から、

利用価値が低下していると認められる部分に対応する価額に

10%を乗じて計算した金額を控除して評価することができます。



令和2年分の路線価の公表

相続支援事業部

【公表】

今年も令和2年分の路線価が7月1日に公表されました。



市街化調整区域内の雑種地の評価

相続支援事業部

【市街化調整区域とは】

都市計画法では、無秩序な市街化を防止して計画的に市街化を図るために、

市街化区域と市街化調整区域を定めています。



新型コロナ感染症の影響による相続税の申告・納付期限の延長

相続支援事業部

こんにちは、相続支援事業部です。



土地の評価単位

相続支援事業部

相続税申告において相続財産である土地を評価する場合、

まず一番最初に土地の評価単位を判定するところから評価は始まります。

判定に際しては以下の3つ基準をもとに評価単位を決定します。



保険契約に関する権利

相続支援事業部


こんにちは、相続支援事業部です。



相続開始前3年以内の贈与

相続支援事業部

相続などにより財産を取得した人が、

被相続人(亡くなった人)からその相続開始(死亡日)前

3年以内に贈与を受けた財産がある場合には、

被相続人の相続税の課税価格に贈与を受けた財産の価格を加算する必要があります。



平成30年分の相続税の申告状況

相続支援事業部

こんにちは、相続支援事業部です。

昨年12月に国税庁より、平成30年分の相続税の申告状況の概要が公表されました。



配偶者に対する相続税額の軽減適用と債務控除・相次相続控除のダブル適用

相続支援事業部

配偶者に対する相続税額の軽減は、適用を受けた方が必ず有利になるとは限りません。

例えば、双方ともに多額の財産を所有している夫婦に連続して相続が発生した場合、

配偶者に対する相続税額の軽減を適用してしまうと、

相続税の負担が逆に増えてしまうケースがあります。

今回ご紹介する事例は奥様が亡くなられた半年後にそのご主人が亡くなられたケースです。



住宅取得等資金の贈与の非課税限度額拡大

相続支援事業部

【住宅取得等資金の贈与税の非課税特例】

住宅取得等資金の贈与税の非課税特例とは、

平成27年1月1日から令和3年12月31日までの間に直系尊属からの贈与により、

その年の1月1日において20歳以上である受贈者が

自己の居住の用に供する住宅取得等資金を取得した場合に、

一定の金額まで贈与税が非課税となる制度です。



KUBOTAXマガジン 経営を応援するメールマガジン

検索

月間アーカイブ

お気軽にお問い合わせ下さい
電話によるお問い合わせ
075-222-1234

平日 9:00 〜 17:30

Webからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム