KUBOTAX BLOG

KUBOTAX BLOG

遺言いろはのブログ記事

遺言いろは第12回

相続支援事業部

Q.遺留分減殺請求への対処は?

 「遺留分」と遺留分減殺請求に考慮した遺言の書き方について

教えてください。

 

遺言いろは第11回

相続支援事業部

Q.保管は?効力発生の妙案は?

 遺言書はどう保管しておいたらいいでしょうか。あまり人に

知られずに、しかもきちんと効力を発するような妙案を教えてください。

 

遺言いろは第10回目

Q.予備的遺言とは何ですか

 「予備的遺言」というものが効力を発揮すると聞きました。

どのようなものか教えてください。

 

遺言いろは第8回目

Q.次男に仏壇を引き継ぐには?

 長男が海外に住んでいるので、次男に先祖代々の仏壇を

引き継がせたいと考えています。どういった準備が必要ですか。

 

遺言いろは第9回目

Q.遺言執行者ってどんな人?

 「遺言執行者」とはどんな役割の人を指すのですか。選んでおいた方が

いいのでしょうか。

 

遺言いろは 第7回目

Q.「保証債務」相続されるか?

 私は知人の借金の連帯保証人になっています。こういった

「保証債務」も相続されるのでしょうか。

 

遺言いろは 第6回目

Q.相続税へ影響はありますか?

 遺言があるかないかで、相続税について何か影響はありますか。

特例があると聞きましたが。

 

遺言いろは 第5回目

Q.相続人が知っておくことは?

 相続財産をもらう立場の相続人として、事前に知っておいた方が

いい情報はどんなことがありますか。

 

A.故人の負債の有無 問い合わせを

 「遺言するということは、財産の分け方を決めること」と、単純に

思っている方が多いようですが、故人の財産をもらう側の立場の人は

一概にそうとは言えないようです。

 相続の相談に来られた方の悩みを別表にまとめました。

お分かりのように、故人の相続人が一番知りたい情報とは、

「故人に負の遺産・借金がある場合は、相続の放棄を考えなければ

ならない。借金があるかどうか分からないとき、どうしたら調べられるか」

という情報不足に対する不安です。

 故人に負債があるかどうかを調べる方法は、遺産分割をする時に、

あらかじめ故人の財産を特定する資料として、取引銀行に

死亡日現在の取引残高証明書の発行を依頼しますが、併せて

融資金についての残高証明書の発行も依頼することです。

一緒に依頼することで、その取引銀行に預金とともに、故人に

借入金があるかどうかが確実に分かります。

 証明日現在に借入金がゼロの場合は、融資取引残高証明書は

ゼロ円で証明発行されます。またその銀行に融資取引が

最初からない場合は融資取引証明書が発行されません。

 銀行に故人の取引残高証明書の発行を依頼する場合は、

除籍謄本と故人の相続人である事が分かる戸籍謄本、

印鑑証明書・実印等を持って行ってください。また証明してもらう日は

銀行に行った日ではなく、故人の死亡日現在の発行を依頼してください。

 通常、取引残高証明書を請求すると、その請求者の自宅に

銀行から郵送されてきます。ポイントは、その取引残高証明書の

発行を依頼するときに「預金と融資の両方お願いします」と銀行の

窓口担当者に依頼することで、負債の有無の不安から解消されます。

 


財産をもらう立場の相続人が知りたい情報の事例

①「負の遺産」があるかどうか

②他人の保証人になっているかどうか

③他に取引していた銀行はあるのか

④通帳・証書が見つからない、他に生命保険にも入っていたはず

⑤遺言がしてあるかどうか

⑥親名義の自宅に同居しているが、自宅は自分名義になるか不安だ

⑦有料老人ホームで死亡時、保証金の返済など精算条件が分からない

⑧名義を変えずに何代も登記手続きがされなかった土地の相続手続き方法

 

 

(京都新聞 平成24年8月12日(日)朝刊暮らし面掲載記事)

 

遺言いろは 第4回目

Q.トラブル防止のためには?

 公正証書遺言でも相続発生時にトラブルが起こると聞きましたが、

どんな場合でしょうか。それを防ぐためにはどんな点に注意すれば

よいでしょうか。

 

A.財産記載漏れなど確認、書き直しも

 公正証書遺言は公証人が民法の定める方式に従って作成する

公文書です。裁判所の判決と同等の効力「執行力」が付与される

極めて強い証拠能力を持った遺言として、多く利用されています。

 しかし、公証人に依頼する遺言の内容に問題があった場合、

後日相続人間でトラブルが発生する一因となります。

例えば次のような場合です。

 1、遺言に相続財産の記載漏れがある。

 記載漏れは公証人には分かりません。遺言者からの申告された

内容が全てです。財産の記載漏れを防ぐためには、一度現物を

確認しながら財産目録を作ってみることです。

 2、相続させる相続人が遺言者より先に死亡した。

 交通事故などで同時死亡の場合も同じですが、当該部分の

遺言の効力はなくなり、法定相続人全員が当該財産を相続することに

なります。予備的遺言をすることで、残したい人に相続させることが

できます。

 3、遺留分を侵害する遺言をした。

 相続人が遺留分減殺請求をしない限り、遺言は無効にはなりません。

減殺請求をされた場合、遺留分を侵害している遺言部分は無効と

なります。

 4.生前に伝えた内容と違う遺言をした。

 相続人は遺産をもらえると期待しています。ところが、遺言者は

時とともに心境が変化し、遺言内容を一部変えたいと思うことが

あります。そこで生前に聞いていた内容と違う遺言であると、

その相続人のショックは相当なものです。やはり八方美人と

しゃべりすぎは、後から相続人が困ってしまうのでくれぐれも

注意しましょう。

 いかがですか、既に遺言を書かれ、心当たりがある人は

書き直しもご検討ください。

 

○公正証書遺言でもトラブルが発生する事例

◆財産の記載漏れがある

◆財産の一部についてのみ遺言をした

◆遺言者より先に受遺者が死亡した

◆遺言の証人(立会人)選択を誤った

◆遺言書が遺産分割後に発見された

◆遺言執行者が無指定

◆遺言執行者が遠方にいる

◆遺留分を侵害した遺言をした

◆生前に伝えた内容と違う遺言をした

 

(京都新聞 平成24年8月5日(日)朝刊暮らし面掲載記事)

 

遺言いろは 第3回目

Q.公正証書を作る準備は?

 自筆証書遺言とは別に「公正証書遺言」があると聞きました。

作る準備に何が必要なのか、教えてください。

 

A.公証人には正直に、助言をもらう姿勢で

 公正証書遺言は、遺言者(遺言を残す人)が公証人の面前で

遺言の内容を口述し、公証人がその口述に基づいて作成します。

だが実際は、遺言者が事前に遺言する内容をメモ書きして

公証人に提出し、口述でその内容を補足説明します。

従って公証人に何を口述するか、ます遺言に対する周到な

準備をしておかなければなりません(表参照)。

 公証人には常にアドバイスを求める姿勢で臨む事が大切です。

例えば、公証人は遺言する人の家族の事情など全く

わかりません。

遺留分の減殺請求をしそうな相続人が家族の中にいる場合、

公証人に正直に告げてアドバイスを受けてください。

 どうしても遺留分減殺請求が避けられないことが予想される

際は、例えば「付言事項」を使って遺言者が遺留分を

侵害してまで遺言者を作った心境を書いて、その相続人へ

配慮をしてみては、といったアドバイスを受けることができます。

 担当の公証人にもよりますが、本来、付言は遺言者の深奥に

関することだけに、積極的に付言を書くように勧めてくれない

公証人もいます。しかし、遺言者の本音を付言に書き入れることは、

付言を遺言者からの最後のメッセージとして相続人や

利害関係者に重みを持って受け止めてもらえることになります。

 もう一つ、公証人が知らない家庭の事情の中に、相続させる

人の年齢があります。せっかく遺言をしても遺言者より先に

その相続人が死亡してしまっては何もなりません。

「たかが年齢」と思わずに公証人に相続人の年齢を伝えることで、

公証人から予備的遺言などの対応策をアドバイスしてもらえます。

 このように公証人から自分の知らない遺言知識を上手に

引き出すことは、公正証書遺言を作る上で最も大切なことです。

何回も面談して人生最後の素晴らしい家族へのメッセージを

遺言という形で完成させてください。

 

公証人役場へ持参する主な必要書類

◇遺言者の印鑑登録証明書(3ヶ月以内発行)と戸籍謄本

◇遺言する不動産がある場合は、その不動産の不動産全部事項証明(登記簿謄本)

と遺言する年度の固定資産税評価証明書(土地・建物)

◇遺言で相続人に相続させる場合は、遺言者との続柄が分かる相続人の戸籍謄本

◇遺言で相続人以外の第三者に遺贈する場合は、その遺贈を受ける者の住民票

◇遺言執行者の住民票(相続人・受遺者が遺言執行者になる場合は不要)

◇祭祀承継者の住民票(相続人・受遺者が祭祀承継者になる場合は不要)

 


(京都新聞 平成24年7月29日(日)朝刊暮らし面掲載記事)

 

KUBOTAXマガジン 経営を応援するメールマガジン

検索

月間アーカイブ

お気軽にお問い合わせ下さい
電話によるお問い合わせ
075-222-1234

平日 9:00 〜 17:30

Webからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム