KUBOTAX BLOG

KUBOTAX BLOG

  1. HOME
  2. KUBOTAX BLOG
  3. 平成30年分の相続税の申告状況

平成30年分の相続税の申告状況

2020年01月29日

相続事業部

こんにちは、相続支援事業部です。

昨年12月に国税庁より、平成30年分の相続税の申告状況の概要が公表されました。



【課税割合が8.5%に】

平成30年分の死亡者数が1,362,470人に対して、

相続税の申告書の提出に係る被相続人数は116,341人と、

課税割合とすると過去最高の8.5%となったようです。(平成29年分は8.3%)



【相続財産の金額】

平成30年分の相続財産で、金額が一番多い種類は、土地の約6兆8百億円で、

次に多いのは現金・預金等で約5兆5千億円、

3番目は有価証券で約2兆7千億円だったそうです。

平成29年分も金額の多い順位は同様でした。



【課税価格と税額】

平成30年分の課税価格の合計は16兆2,

360億円(平成29年分は15兆5,884億円)で、

税額の合計は2兆1,087億円(平成29年は2兆185億円)と

かなりの増加をしているようです。



【相続税税務調査】

平成30年分の実地調査件数は、

約1万2千件でその内約85%で申告漏れ等があったようです。

重加算税の件数も増加し、申告漏れの課税価額は3,538億円となり

追徴税額は708億円となったようです。

同様に無申告に対する実地調査の件数も増加し、追徴課税も増加したようです。



久保田会計事務所では、書面添付制度が開始されたときからこの制度を活用することで、

より正確な相続税申告書を作成・提出していることで、

税務調査の発生する度合いが大きく減っています。

また、税務調査になった場合も、当事務所の長年にわたる多くの経験により、

相続人の方々に安心して頂けるよう、お手伝いをさせていただいております。




              
KUBOTAXマガジン 経営を応援するメールマガジン

検索

月間アーカイブ

お気軽にお問い合わせ下さい
電話によるお問い合わせ
075-222-1234

平日 9:00 〜 17:30

Webからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム