KUBOTAX BLOG 京都の税理士法人 久保田会計事務所

お問い合わせはこちら

  1. 京都の税理士法人 久保田会計事務所
  2. KUBOTAX BLOG
  3. 「To be(あるべき姿)とAs is(現状の姿)」

(2019年1月30日 00:00)

「To be(あるべき姿)とAs is(現状の姿)」

経営支援事業部

こんにちは、経営支援事業部です。

 

ビジネスの現場でよく話題に上がる「問題」と「課題」ですが、

正しく使い分けができているでしょうか!

ビジネス活動において企業が成長発展していくため、

或いは日常生活において個人が成長していくためには、

「問題」と「課題」を正しく捉えて

それぞれを克服していくことが重要となりなります。

 

 

 

ビジネスシーンでも、日常生活においても、

「それが問題だ!」とよく耳にしますが、

この「問題」とは、To be(あるべき姿)とAs is(現状の姿)

とのGap(差)であり、そのGapを埋めるために

取り組まなければいけないテーマが「課題」である。

と先日ある研修で学びました。

 

 

では、この「問題」と「課題」のどちらが大事なのでしょうか?

上記の通り問題を認知できなければ、

それを解決するためのテーマである課題も設定できませんし、

その原因も探索できなければ対策も立てられません。

ですから「問題」を認知することは非常に大事であることになります。

時々「うちの社員は問題意識が全くない!」と嘆いておられる経営者の方を

お見受けすることがありますが、それは問題意識がないのではなく、

「問題」の本当の意味が解っていなかったり、

「問題」を認知する方法を知らないからではないでしょうか。

小学生の頃から問題を与えられてそれをとく勉強は一生懸命してきましたが、

問題を認知する勉強はあまりしてこなかったように思います。

 

 

「問題」は「To be」と「As is」のGapであると申しましたが、

それは前両者の差異として認知されます。

ですから「問題」が認知される条件は、

「To be」と「As is」の2つともが明確であることとなります。

即ち「問題」が認知されないとすれば、「To be」が定義できない場合か、

「As is」が把握できない場合のどちらかになります。

しかし、「To be」が定義されているのなら「As is」が

測定不可能であることは殆どありません。

 

 

そこで、「To be」が定義できない場合を考えますと、次の2つに分けられます。

①「To be」が科学的知見に基づく場合

②「To be」が主観的価値観に基づく場合

 

 

①「To be」が科学的知見に基づく場合

この場合は、科学的知見が広い分野(自然・人文・社会科学等)に

わたって備わっていないと、そもそも問題に気づくことさえ出来ません。

これらの知見は既に世に出ているものばかりなので学ぶことで

科学的知見を身につけることが出来、

「To be」を定義することが出来るようになり、誰もが認知可能です。

 

 

②「To be」が主観的価値観に基づく場合

この場合は、個人が自らの経験に基づいて、自分らしい価値観を備えていないと、

そもそも問題に気づくことさえ出来ません。

ですから、いろいろな経験を積み、より上位の価値観を身につけていく必要があり、

誰もが認知可能とは限りません。

ですから、これからの時代ますます重要であると言えます。

 

 

しかし、上記「科学的知見」や「主観的価値観」を身につけたとしても、

「問題」を認知できない、又は誤って認知している場合があります。

それは、「前提」を疑うことをしていないことに因るもので、

今のその常識は、いつ頃、どんな時代のどんな背景をもとにしてきたのか。

その時の「前提」はどんなものだったのか。

まさしく今の非常識が未来の常識に変わるのです。

 

皆さんは、社会科の歴史の勉強を暗記科目と捉えていませんか?

歴史を学ぶと言うことは、ただ単に史実を知ることではなく、

その時の時代背景を学び、その時を生きた人がどのように考え、

どのような前提の基で、どのように生きたかを学ぶことに他なりません。

ですから、今周りに起こっていることに注意を払い、

「あれ!なんかおかしいぞ!!」と思ったら、

その「前提」となっている背景をトコトン調べて見て下さい。

 

 

私ども経営支援事業部では、問題の認知から課題の設定、

原因探索とその対策案の立案を支援することで、企業の継続発展を支援しています。

どうぞお気軽にお声かけください。

 

 

中小企業の経営支援、経営戦略策定のご相談は久保田会計事務所まで


久保田会計事務所 トップページへ
  • ホームページから24時間受付のお問い合わせはこちら
  • 電話から 075-222-1234(代) 平日9:00~17:30(土日祝・年末年始はお休み)

久保田会計事務所は京都で活躍する税理士・会計事務所です。

<営業エリア>
[京都市内]
右京区/上京区/北区/左京区/下京区/中京区/西京区/東山区/伏見区/南区/山科区

[京都市外]
宮津市/京丹後市/与謝郡/伊根町/与謝野町/福知山市/舞鶴市/綾部市/亀岡市/南丹市/船井郡/京丹波町/向日市/長岡京市/乙訓郡/大山崎町/宇治市/城陽市/八幡市/京田辺市/久世郡/久御山町/綴喜郡/井手町/宇治田原町/木津川市/相楽郡/笠置町/和束町/精華町/南山城村

その他の地域でも対応可能な場合がございますので、お気軽にご相談ください。

  • 税理士法人 久保田会計事務
  • 経営を応援するメールマガジン

月別 アーカイブ