KUBOTAX BLOG

KUBOTAX BLOG

  1. HOME
  2. KUBOTAX BLOG
  3. ◆おにぎり屋たんと【経理編/本編】~第一話~

◆おにぎり屋たんと【経理編/本編】~第一話~

2009年01月10日

前回、会計事務所を見つけた小町さんでしたが・・・。
その後、無事連絡を取り、相談することができたのでしょうか。
ちょっと様子を見てみましょう。


***********

 

「・・・えっと、今日の天気は『曇り』気温は・・『10度』・・

お客は・・・女性客が多め・・やったなぁ・・。」

 

本日のデータを支払用に用意した現金出納帳に書きとめる。

領収書を整理し、出金額と照合した。

どうしても合わない端数は「過不足」分として処理しておく。

売上の入金分は、これまた入金用にと用意した現金出納帳と照合し、

一致することを確認。

その後、忘れないうちにと本日分の売上金として銀行へ振込に行った。

 

「・・・あとは・・何があったかなぁ?

通帳の記帳には3日前の木曜日に一回行ってるから・・

次は・・明後日の水曜くらいに行っておけばいいし・・。」

 

今日中に処理すべきことを一つ一つ思いだしながら、これは済み、

これはまだ大丈夫、と確認していく。

 

「・・・よっしゃ。ほなこれで今日の分の処理は終わりやな。」

 

開けていた帳簿類や通帳を閉じて片付ける。

チェック済みの領収書は金庫へとしまっておく。

 

「だいぶ、この作業に慣れてきたなぁ・・。」

 

会計事務所に相談に行ってはや3週間。

教えてもらった通りにこなせるようになってきた。

慣れてしまえば、後は単純に繰り返しの作業なので時間も

以前ほどかけずに済むようになっていた。

 

きちんと処理をするようになって、毎日の積み重ねが大事だと

改めて実感する。

 

以前は『またあとで』『面倒やし適当でいいか』そんな処理だったので

尚更だ。

あれでは時間がかかって当たり前、というかあんなどんぶり勘定で

店をしようとしていたことが少し恥ずかしい・・・。

 

「・・・っていうか、あれを先生に話したっていう自分の過去を消したい・・・。」

 

きっと、海苔巻さんも呆れてたと思う。

にこにこ笑ってたけど、内心苦笑してたんじゃないかと思う。

(私が相談受ける立場やったら顔に出してたかもしれん。)

 

「さすがプロの先生やわ・・・。」

 

・・・思わず変な感心の仕方をしてしまった。

 

「・・・とりあえず、月々の帳面が出来たら

その都度持って行くってことやったし。」

 

次に報告に行くときは、少しは褒めてもらえるだろうか。

 

「なんか先生に宿題を提出するみたいな気持ちやなぁ・・。」

 

苦笑しつつ、食卓兼事務机の上を片付け始める。

 

「・・・あいたたた・・・。」

 

・・・・・腰にキた。

 

腰を拳でとんとん、と叩きながら作業を続ける。

 

「なんか、どっと老けた気がする・・。」

 

どうやら同じ姿勢で帳面を付けていたので

身体が固まってしまったようだ。

片付けを終えると、伸びをして身体をほぐす。

首をまわすと、音が鳴った。

(さっさとお風呂入って今日はもう寝よう。)

 

・・・・・こうして、私の一日は過ぎていったのだった。

 

*****************

 

どうやら、うまくいっているようですね。

以前の様に、「どうしたらいいのかわからへんっ!」と

頭を抱えることも無くなったようです。

 

では、小町さんはどのようなアドバイスをもらったのでしょうか?

少し、時間を巻き戻して見ていくことに致しましょう。


第2話へ続く。

              
KUBOTAXマガジン 経営を応援するメールマガジン

検索

月間アーカイブ

お気軽にお問い合わせ下さい
電話によるお問い合わせ
075-222-1234

平日 9:00 〜 17:30

Webからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム