KUBOTAX BLOG

KUBOTAX BLOG

  1. HOME
  2. KUBOTAX BLOG
  3. 「中小企業の会計に関する指針」の適用に関するチェックリスト

「中小企業の会計に関する指針」の適用に関するチェックリスト

2009年05月27日

財務事業部です。

3月決算法人の財務諸表が固まり、

一段落がつきました。

 

みなさまの会社でも決算書類ができあがり、

もう申告も済まされたのではないでしょうか。

 

えっ!

 

ま・まさか!?

 

3月決算法人でこれから1年分まとめて記帳ですか(笑)

 

さて、

今回は、

「中小企業の会計に関する指針」の適用に関するチェックリスト

についてお話したいと思います。

 

中小企業の経営者の方は、よくご存知だと思いますが、

このチェックリストを金融機関へ出せば、

金融機関からの借入利率が低くなる可能性もあります。

 

「中小企業の会計に関する指針」というのは、

前回までお話してきました『企業会計基準』の

いわば、中小企業版です。

 

チェックリストは、その指針にどれだけ準拠して

決算書を作成したかを判定するリストで、

公認会計士や税理士がそのリストを作成します。

 

つまり、金融機関も決算書がどの程度

会社の価値を示しているか知りたいのでしょうね。

 

一度、顧問の先生にお話されてはいかがでしょうか。

ただし、粉飾決算や逆粉飾決算していると、

そのことは、チェックリストに記載されますけどね。

 

健全な経営を進めて行くならば、

『企業会計基準』や中小企業の会計に関する指針で決算書を作成し、

自社の価値(実態)がどうなっているかを把握することが大切です。

 

もし、これらの基準で決算書を作成してみたいと思った方、

TOPページのお問い合わせからご連絡ください(笑)

 

次回からは、アクセス数の多い労務事業部がお送りします。

労務事業部ファンの方は、楽しみにしてくださいね。

 

              
KUBOTAXマガジン 経営を応援するメールマガジン

検索

月間アーカイブ

お気軽にお問い合わせ下さい
電話によるお問い合わせ
075-222-1234

平日 9:00 〜 17:30

Webからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム