KUBOTAX BLOG

KUBOTAX BLOG

  1. HOME
  2. KUBOTAX BLOG
  3. おにぎり屋たんと【事業拡大編】~第十八話~

おにぎり屋たんと【事業拡大編】~第十八話~

2009年10月17日

今回は、おにぎり屋たんと【事業拡大編】第18話。

 

初めてご覧いただく方は是非

おにぎり屋たんと【事業拡大編】第1話

からどうぞ。

 

+++++++++++++++++++++

 

すっかり気落ちしてしまった私を見て海苔巻さんが苦笑する。

 

『まぁまぁ、そんなに気を落とさないでください。

まだ、採算の取れない計画だと決まった訳ではありませんよ。』

 

しかし、その言葉は慰めの言葉にしか聞こえず・・。

 

「・・・・だってマイナスですよ?無理ですよ、無理。」

 

いつか黒字になるかも!なんて到底思えなかった。

 

『おやおや、随分弱気になってしまわれましたね。

マイナスになってしまったと言っても

実際に事を起こした訳ではないでしょう?』

 

「・・・まぁ・・そうですけど・・」

 

あんな穴だらけの計画でも1日あたりの売上は

現実的に考えて出したものだった。

経費だって・・まぁ人件費以外は問題はないはず・・・。

それで足が出たのだから・・やはり無理なのだと思う。

 

『今回は人件費が小町さんが思っていたよりも高くついた為に

利益が減ってしまいましたが・・・。

では、逆に。利益がマイナスにならない境界線って

いくらぐらいだと思いますか?』

 

「ええっ?マイナスにならない境界線、ですか・・?」

 

海苔巻さんは頷いて、返事を待っている様子だったので慌てて考える。

 

「・・・えーっと・・・。・・・・・かかる経費よりも上ってことくらいしか・・。」

 

分からないと申し訳なさそうに答えると、

海苔巻さんは頷いてさらに説明を続けた。

 

『はは、そんなに恐縮しなくても考え方は合っていますよ。

実は、かかる経費から逆算することで

だいたいの売上を出すことが可能なんです。

そして、その答えから「最低でもこれだけ売れたら大丈夫」

という基準が分かれば・・・

今度はその数字の実現もしくはその上を行く為には

何をすれば良いかと考えることができると思いませんか?』

 

「・・はぁ。」

 

(・・・わかるような・・わからないような・・?)

いまいちピンとこないまま曖昧な返事を返す。

それが伝わったのか・・

 

『・・まぁ、こうしてクドクドと説明するよりも実際にしてみた方が

きっと分かりやすいですよ。

とりあえず・・・小町さんのこの計画を元に考えてみましょうか。』

 

「・・あ、はい。」

 

案ずるより産むが易し、ということなのか。

もしくは習って覚えろということなのか・・。

 

どちらにせよ、あまり頭でじっくり考えるタイプでは無かったので・・

そちらの方が私には向いていそうだと思った。

けれど・・。

(・・・私、もう諦めようと思ってたんやけどなぁ・・)

なんとなく海苔巻さんにのせられる形で。

いつの間にやら話は計画の立て直しへと突入していったのであった。

 

第19話へつづく。 

 

税理士法人 久保田会計事務所

              
KUBOTAXマガジン 経営を応援するメールマガジン

検索

月間アーカイブ

お気軽にお問い合わせ下さい
電話によるお問い合わせ
075-222-1234

平日 9:00 〜 17:30

Webからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム