KUBOTAX BLOG

KUBOTAX BLOG

  1. HOME
  2. KUBOTAX BLOG
  3. おにぎり屋たんと【事業拡大編】~第五十八話~

おにぎり屋たんと【事業拡大編】~第五十八話~

2010年07月24日

今回の  おにぎり屋たんと【事業拡大編】  第58話。

 

初めてご覧いただく方は

是非 おにぎり屋たんと【事業拡大編】第1話 からどうぞ。

 

++++++++++++++++++++

 

『さて、これで小町さんに必要そうな説明は

ほぼすることが出来た様に思うのですが・・

何か他にも疑問に思ったことや

聞いてみたいことなどはありますか?』

 

言われて少し思い返してみる。

ほとんど思いつきの勢いだけで自分が立てた計画が穴だらけだったことは

海苔巻さんとの会話を通して今ではきちんと受け止めていた。

 

私がこれからしなければいけないことは・・・

まずは当初の予定通りに新たなサービスとして

「配達」を視野に入れるのなら

新規でかかるであろう経費などをもう一度正しく再考して計上。

その上でどれくらいの売上があれば足が出ないのか

という計算をして1日あたりに必要な売上を把握。

そしてその売上を達成し、利益を生み出す為にはどういう戦略がいるのか。

サイドメニューを増やすのがいいのか、価格構成を見直した方がいいのか。

はたまた経費の削減を先に考えた方が良いのか。

自分の店の現状に合ったものはどれかを探っていかなくてはならないだろう。

・・・というのが今後の大まかな流れだと思う。

 

(その中で、今自分が聞いておいた方が良い事と言うと・・・。)

 

後で尋ねるより今の方がいい気がして考え込む。

 

『・・・別に無理やり聞くことを探さなくていいんですよ?』

 

気づけばしばし黙り込んでしまっていたらしく、

海苔巻さんが苦笑をもらしながら声を掛けてくる。

 

「いえ、せっかくの機会なので聞けることは今聞いておこうと思って。」

 

すみません、と笑うと今度は海苔巻さんも笑ってくれた。

 

『別に疑問に思ったことがあれば、

いつでも連絡して下さって結構ですよ。

もし外出していても戻り次第こちらからご連絡させて頂きますから。』

 

今尋ねた方が頭にすっと入ってくるのではないかと思ったというのもあるが・・・

やはり後々何回も電話をして尋ねることになったら申し訳ないと言う気持ちが

どこかにあったのも本当で。

だから、海苔巻さんの口からその言葉を聞くとなんだか心強く感じた。

それと同時に・・自分は1人じゃないと背負っていたモノがふっと軽くなった気がした。

小さな店とはいえ『経営者』なのだから自分が頑張らなければ!

と気負っていた部分が少なからずあったのだと思う。

信頼でき、いざと言う時に家族以外でも頼れる人がいるというのは、

メンタルの部分でも本当に有り難いことだ。

 

「ありがとうございます。では・・・今日メモにとったことを元にして・・・

もう一度今の自分のお店の経営を見直していこうと思います。

配達を視野に入れるにしろ、その前に一度出来ることは

全てやっておきたいと思いましたし。」

 

その方法も学ばせてもらいましたから、と笑うと海苔巻さんも

にこにこと頷いて頑張ってくださいと応援をしてくれた。

 

ここへ来る時も、ある意味やる気に満ちていたけれど

少しばかり足が地についていなかった様に思う。

それが作った計画にも現れていたのだろう。

 

でも今は違う。

良い意味で現実を知ったというか、目が覚めたというか・・・

今は自分の置かれている位置というものを以前よりは理解出来ている。

長時間根気よく説明をしてくれた海苔巻さんの為にも、今度来るときは

絵に描いた餅じゃない、きちっとした計画を立てて

今日の成果を見せたいと思った。

 

『小町さんのお店は言わばまだ生まれたての、

けれどこれから沢山の可能性を秘めたお店です。

どんなご希望にも添えるように万全の態勢で私も挑みますから。

一緒に頑張っていきましょう。

今日の様な面談でのお話のやりとり以外でも、

小町さんがもっと知識をつけたいと思われるのでしたら

うちで主催している様々な勉強会もありますし

上手に使って頂ければと思います。』

 

聞けば短時間、しかもさほど高くない料金で

決算書の読み解き方が分かる様になったり

お店の問題点を財務データから浮かび上がらせて考えたり、

色々教えてもらえる経営に関わる人向けの勉強会なんかもあるらしい。

まだ私には早そうだけれど、もう少し経営者らしくなった暁には

お店のこれからの為にも自分の為にも受けてみたいなと思った。

 

「はい、ではこれからも海苔巻サポートを宜しくお願いしますね!」

 

勢いよく頭を下げる。

そして同じように頭を下げた海苔巻さんに見送られながら、

2度目の訪問となった事務所を意気揚々と後にしたのだった。

 

****************

 

この度は「おにぎり屋たんと 事業拡大編」に長期間お付き合い頂き、

ありがとうございました。

このお話をもちまして「おにぎり屋たんと」は一度充電期間に入ります。

この後、小町さんがお店をさらに発展させることが出来たのか、

それとも何か失敗をしてしまってお店の継続に奮闘しているのか、

予想はつきませんが、またお目にかかれれば嬉しく思います。

なお、本文にて説明を難しい、分かりにくいと感じられたり逆に

物足りないと思われる方もいらっしゃったかと思われますので

この場をお借りしてお詫び申し上げます。

「たんと」さん以外でも毎週水曜日には各専門部署ごとに

皆様に色々な情報を発信しておりますので

そちらも合わせてお楽しみ頂ければと思います。

 

それではご愛読、本当にありがとうございました。

 

税理士法人 久保田会計事務所

              
KUBOTAXマガジン 経営を応援するメールマガジン

検索

月間アーカイブ

お気軽にお問い合わせ下さい
電話によるお問い合わせ
075-222-1234

平日 9:00 〜 17:30

Webからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム