KUBOTAX BLOG

KUBOTAX BLOG

  1. HOME
  2. KUBOTAX BLOG
  3. 2012年後半に向けて

2012年後半に向けて

2012年07月01日

所長

  激動の2012年も後半に入ってきました。

 

  高止まりしている円高と輸出企業の海外移転、個人消費の

低迷に加えての消費増税、少子高齢化に対して社会保障改革

の先送り、エネルギーの供給源の根本的な方向転換などなど、

一個人、一企業では変えられないないほど大きなうねりが、

しかもいくつも続いています。

 

   こんな時こそ、経済の大きな流れを考えながら自身、自社の

将来に向けて中長期の舵取りが大切になります。

 

  中小企業白書によると中小企業の4割以上に後継者が

無い状況です。また、今年は団塊の世代が65歳を迎える

年でもあります。そのせいもあって中小企業のM&Aが

活発になってきています。私どもが具体的にお手伝いする

ケースや、情報を耳にすることが驚くほど増えてきました。

 

  企業であれば何のために経営をしているのか、個人で

あれば何を次代に残したいのか、こうした根本的な

経営理念なり家訓なりを試されているようです。

 

  経済の大きなうねりを自己実現のチャンスととらえることが

できれば、成功は目の前ではないでしょうか。経済が安定

している平時には大資本が有利なことが多いのですが、

今のような時代には資本の大きさよりも舵取りの機敏さが

功を奏するように感じます。現に、かつて日本を代表した

大手企業が赤字決算に喘ぐ一方、独自の事業領域で毎年

成長し続けている中小企業もたくさんあります。

 

  P.F.ドラッカーの著書に、こんな言葉があります。

 「未来を予測しようとすると罠にはまる。行うべきことは、

現在あるものをマネジメントすることである。そして、将来

ありうべきものや、あるべきものを自ら創造するべく働くこと

である」。

 

  是非、一度当社の「将軍の日」にご参加下さい。

  中長期計画の重要性と効果を実感していただけます。

  日程は、下記より。

   http://www.kubotax.com/seminar/

 

              
KUBOTAXマガジン 経営を応援するメールマガジン

検索

月間アーカイブ

お気軽にお問い合わせ下さい
電話によるお問い合わせ
075-222-1234

平日 9:00 〜 17:30

Webからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム