KUBOTAX BLOG

KUBOTAX BLOG

  1. HOME
  2. KUBOTAX BLOG
  3. 相続税の調査の状況について国税庁より発表

相続税の調査の状況について国税庁より発表

2013年12月18日

相続事業部

こんにちは、相続支援事業部です。

国税庁より25年11月に「平成24事務年度における相続税の調査の状況について」の

実地調査の状況が発表されました。

(申告漏れ)

相続税の実地調査において、

12,210件の調査の内9,959件の81.6%に申告漏れ等の非違があり、

申告漏れの課税価格は全体で3,347億円で、

その内訳は、現金預金等の1,236億円(36.9%)、土地の560億円(16.7%)、

有価証券の431億円(12.8%)の順になっているそうです。

(海外資産)

納税者の資産運用の国際化に対応して、租税条約等に基づく情報交換制度を活用して、

海外資産の把握に努めているということで、積極的に調査を行っているとのことで、

26年より国外財産調書の提出もスタートします。

(書面照会)

所得税等でも行われている書面による照会と同様に、

相続税でも、相続税の課税対象者の増加を見越して、

平成25年1月より「相続税の申告書の見直しについて」という文書の送付により

実施が開始しています。

相続税の改正に伴い制度等も変わってきております。

相続税の申告等に関しましては、安心できる経験豊富な私共久保田会計事務所にご相談下さい。

              
KUBOTAXマガジン 経営を応援するメールマガジン

検索

月間アーカイブ

お気軽にお問い合わせ下さい
電話によるお問い合わせ
075-222-1234

平日 9:00 〜 17:30

Webからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム