KUBOTAX BLOG

KUBOTAX BLOG

  1. HOME
  2. KUBOTAX BLOG
  3. 相続税・贈与税に関する平成29年度税制改正要望

相続税・贈与税に関する平成29年度税制改正要望

2016年10月05日

相続事業部

こんにちは、相続支援事業部です。

先日、財務事業部からのブログでもご紹介しましたが、

平成29年度税制改正要望が各省庁から発表されています。

相続税・贈与税についての改正要望の内から1点を、

簡単ですがご説明したいと思います。

(上場株式等の相続税評価の見直し等)

金融庁からの要望で、要望の内容としては

1.上場株式等の評価について、相続時から申告期限までの

価格変動のリスクを考慮したものとすること。

2.相続時以後、通常想定される価格変動リスクの範囲を超えて

価格が著しく下落した上場株式等については、評価の特例を設けること。

3.上場株式等の物納順位について、第1順位(国債・地方債・

不動産・船舶)の資産と同等となるよう、見直しを行うこと。

の3点が内容として挙げられています。


(相続時から申告期限までの価格変動のリスク)

上場株式等の相続税評価を10月5日が相続開始日として例を挙げて考えると

①10月5日の最終価格

②10月中の毎日の最終価格の月平均額

③9月中の毎日の最終価格の月平均額

④8月中の毎日の最終価格の月平均額

のうちから最も低い価額をもって

相続税を計算する基となる価額が算定されます。

相続税の納税は申告期限までに行うことが原則です。

上記の方法で相続税を計算し、この上場株式を現金化して納税する場合は

売却は納税のタイミングで行うので

相続時から申告期限(納税期限)までの価格変動のリスクは

現状では考慮されていません。

ここに他の資産との比較における

相続税の負担感の差が出ているので解消したい、というのが政策目的です。

(納税に関するご相談)

お客様からの相談でよく伺うのは、やはり納税に関する事です。

相続税の納税は原則、金銭一時納付(現金一括で払う)です。

金銭一時納付が困難な場合は、まず延納が考慮され

延納によっても納税が困難な場合は、物納が考慮されます。


上場株式等を納税資金としてお考えの場合は

価格変動のリスクがあること

現金化には時間がかかることがあること

を念頭に置いておく必要があります。

もし延納や物納になった場合は、延滞税などがかかり

また時間がかかることも多いので、相続に対する負担感は増大します。

今回の改正要望が採用されれば

価格変動のリスクについてある程度考慮される可能性があります。

今後も、相続税・贈与税に関して改正要望等があれば

随時ご案内していきます。

              
KUBOTAXマガジン 経営を応援するメールマガジン

検索

月間アーカイブ

お気軽にお問い合わせ下さい
電話によるお問い合わせ
075-222-1234

平日 9:00 〜 17:30

Webからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム