KUBOTAX BLOG

KUBOTAX BLOG

  1. HOME
  2. KUBOTAX BLOG
  3. ローカルベンチマークについて

ローカルベンチマークについて

2017年03月01日

経営支援事業部

こんにちは、経営支援事業部です。

今回はローカルベンチマークについて紹介致します。

ローカルベンチマークとは、企業の経営状態の把握、

いわゆる「健康診断」を行うツール(道具)として、

企業の経営者等や金融機関・支援機関等が、企業の状態を把握し、

双方が同じ目線で対話を行うための基本的な枠組みであり、

事業性評価の「入口」として活用されることが期待されるものです。

具体的には、「財務情報」(6つの指標)と

「非財務情報」(4つの視点)に関する各データを入力することにより、

企業の経営状態を把握することで経営状態の変化に早めに気付き、

早期の対話や支援につなげていくものです。(経済産業省より)

(財務情報(6つの指標))

①売上高増加率(売上持続性)

(当期売上高 - 前期売上高)÷前期売上高 × 100(%)

②営業利益率(収益性)

営業利益 ÷ 売上高 × 100(%)

③労働生産性(生産性)

付加価値(≒限界利益(粗利益))÷ 社員の平均人数

④EBITDA有利子負債倍率(健全性)

有利子負債 ÷ EBITDA

EBITDA ・・・経常利益 + 支払利息 + 減価償却費

⑤営業運転資本回転期間(効率性)

(売掛債権 + 棚卸資産 - 仕入債務)÷ 平均月商

⑥自己資本比率(安全性)

自己資本 ÷ 総資本 × 100(%)

(非財務情報(4つの視点))

①経営者への着目

・経営者自身について、ビジョン、経営理念

・後継者の有無

②関係者への着目

・企業及び事業沿革

・技術力、販売力の強み

・技術力、販売力の弱み

・ITの能力、イノベーションを生み出せているか

③事業への着目

・市場規模・シェア、競合他社との比較

・顧客リピート率、主力取引先企業の推移

・従業員定着率、勤続日数、平均給与

・取引金融機関とその推移

④内部管理体制への着目

・組織体制

・経営目標の有無、共有状況

・社内会議の実施状況

・人事育成のやり方システム

これらの情報を元に企業と金融機関や

我々専門家が双方同じ目線で対話するためのツールとなります。

以前のブログ

(事業性評価 http://www.kubotax.com/blog/2016/07/post-611.html)

でもご紹介しましたが、

金融機関もこれまでの業績や財務データ、担保・保証での評価に加え、

事業性も評価の対象として融資の判断を行います。

つまり融資の相談をする際には入り口として

企業の現状(健康状態)を診断するローカルベンチマーク、

今後の事業性を判断する経営計画が必要となってきます。

ローカルベンチマークの非財務情報や経営計画は

専門家の協力が必要になることの方が圧倒的に多いです。

当事務所も非財務情報の分析や経営計画作成のお手伝い、

その後の実行支援であるMAS監査で

サポートさせて頂いておりますのでご相談下さい。

              
KUBOTAXマガジン 経営を応援するメールマガジン

検索

月間アーカイブ

お気軽にお問い合わせ下さい
電話によるお問い合わせ
075-222-1234

平日 9:00 〜 17:30

Webからのお問い合わせ
お問い合わせフォーム